冷え性は太りやすい!夏の冷え症状と改善対策

スポンサーリンク

 

こんにちは!まっちゃんです。

初めての方は、まっちゃんのプロフィールからご覧ください☛プロフィール

 

夏が近づいてくると、気温が上がり室内ではエアコン(冷房)をつけることが増えますね。

気をつけたいのが、冷え太りです。冷え性は、太りやすいので冷え症状の原因、改善方法をご紹介しますね。

 

 

冷え性は太りやすい

基礎代謝が低い人も多いんじゃないでしょうか。

基礎代謝が低い人は、冷えやすく太りやすいです。

 

体は、エネルギーを消費しています。生きていくために必要な最低限のエネルギーを基礎代謝といいます。

体の中でエネルギーが作られるには熱が生じますが、基礎代謝が低い人はこの熱が生じにくくなります。

そのことから、冷えを感じやすくなる原因になります。

 

基礎代謝が低いということは、摂取した栄養をエネルギーに変える効率が悪くなります。

栄養が蓄積されて脂肪になりやすくもなります。

 

 

基礎代謝が低下しやすいのは

夏は、痩せやすい季節だと思ってませんか?

汗をかくと痩せる!と思うかもしれませんが1年のなかで、実は夏が一番、基礎代謝が低下する季節なんです。

 

夏は暑いため、相対的に代謝が低くなるので体は冷えやすく太りやすい状態になってしまいます。

基礎代謝を上げる方法!

基礎代謝を上げるためには筋肉を増やしましょう。

運動をして、筋肉量を増やすことです。

 

体の中で基礎代謝を作りだします。約20%が筋肉です。
筋肉をつけるためには、どうしますか?

運動をすることで、筋肉がつき内臓機能も鍛えられていきます。

筋肉を鍛えると、丈夫で強い体を作りあげてくれます。それだけではなく、ダイエットするためにも筋肉を減らさないようにストレッチ、エクササイズなどを毎日、継続するのをおすすめします。

 

 

 

夏でも入浴で身体を温めよう

毎日、忙しい人は夏だからとシャワーで済ませてませんか?

シャワーだと早くに出られて、あとの時間が、ゆっくりできると思うかもしれませんが体を十分に温めてなければ汗もかきません。

 

汗が、かきにくいと老廃物がたまりやすくなります。

熱いお湯に入らずに、ぬるめのお湯にゆっくり入ることをおすすめします。

 

体の芯から温められて血行が促進されます。体がポカポカしてると寝付きもよくなり疲れも取れやすく健康的です。

毎日、できれば、ぬるま湯に入るのがベストですが毎日が難しければ、週3がおすすめです。

毎日が忙しい方の場合は、週末に1回でも効果あります。

疲れた体を、のんびりポカポカに体を温めて汗もしっかり出しましょう。

 

 

 

どうして冷えるのか?

どうして冷えるのか!

原因は3つあります。体内で熱が作れない場合、基礎代謝は1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。

基礎代謝を分けると、筋肉が約38%、肝臓が約12%、胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、心臓が約4%、その他が約24%です。

筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少くなります。
女性に冷えを感じる人が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。

 

体重に対する筋肉量は、女性は約36%なんです。さらに筋肉量を減らしてしまうと慢性的な冷えに結びついてしまいます。

自律神経のバランスの乱れから、血流が滞り全身に熱が送られなくなってしまいます

ストレスが原因で、食べ過ぎからも冷えの要因にもなります。

夏に、エアコンの効いた室内と暑い屋外を出入りして、血管が収縮したり拡張したりすることでも起こります。

 

血流が悪くて体が冷えている人は、汗をかかず体に不要な水分がたまり、冷えやすくなってしまいます。

冷えから起こる症状は、個人差があります。夏は肩やお腹など、体幹部に冷えを感じる人が増えています。

ひどくなると、疲労感、不眠、イライラ、偏頭痛、肩こり、食欲不振、目の下のクマなどの症状となって現れます。

 

 

 

 

 

夏の冷え対策

冷えに良いのは、適度な運動です。

20分程度のウォーキングやストレッチ、ホットヨガなどは、冷え対策だけでなく健康増進に役立ちます。

腹式呼吸や質の高い睡眠も冷え対策に効果的です。

冷えからも体調を崩すこともあります。症状が重くならないうちに対処することが重要です。

 

私の冷え対策方法

私は年中、冷え性で悩まされてました。

夏の暑いときでも足が冷たい!お腹が冷たい!でした。

 

そんなときに冷え対策したのがエクササイズ、ストレッチ、リンパマッサージをしました。

テレビを見てる合間に、就寝前に15分程するだけです。

適度な運動が大切です。運動苦手な人は継続できるストレッチからはじめてもいいですね。

夏でもお風呂では、湯船に、ゆっくりつかって体を温めてあげるのもポイントです。

ぬるま湯に、ゆっくり浸かって1日の疲れをとるようにしましょう!

 

 

お風呂でのおすすめの入り方

■お風呂に入るときは!

・半身浴

・38~40度くらいの浴湯

・20~30分(軽く汗がでてくるくらい)

 

あとは、軽い運動をしましょう!

 

 

 

冷え性のツボで改善しましょう。

 

 

 

 

自宅(リビング)で簡単に有酸素運動で下半身もすっきりします。

毎日10分、短時間からでも始めると楽しく継続できます。

 

 

おすすめのスリムルームステッパーで運動して、冷え性を改善させよう!

昇降運動でエクササイズ!気になる部分がスッキリに。

8532円(税込)送料無料

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください